MiracolareEnglishfacebook
カテゴリ
Shop news
Desire to car
パーツ情報
Goods
Staff voice
Owner voice
イベント情報
English
雑誌記事
試乗記
お客様紹介
メンテナンス日記
サーキット日記
マフラーサウンド集

サイト内検索


カレンダー
<< 2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

新着記事一覧

社名 株式会社ミラコラーレ
郵便番号 〒233-0004
住所 神奈川県横浜市港南区港南中央通7-18
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜
電話番号 045-849-3031
FAX番号 045-840-4334
メール info@miracolare.co.jp

English




サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。











BERTOCCHI
DMS Automotive
FORMULA DYNAMICS
Larini


記事詳細

フェラーリ 360モデナ メンテナンス日記

2017年07月15日

フェラーリ 360モデナ 車検整備+クラッチ交換+タイミングベルト交換

車検整備にて入庫のフェラーリ 360モデナ。
一般整備に合わせて、クラッチとタイベル交換をしましたので作業内容をご紹介いたします。マセラティだけでなくフェラーリ、ランボとイタ車なら何でもお任せください。






メンテナンス作業箇所

1,エアマスセンサー交換
2,スパークプラグ交換
3,クラッチ交換
4,F1ポンプ交換
5,エンジンマウント交換
6,タイミングベルト交換
以上6箇所をメンテナンスさせて頂きました!



エアマスセンサー・スパークプラグ交換

エンジン始動直後「グアン グアン...」とハンチングしアイドリングが安定しない症状が発生していました。初めはタイミングバリエーアーの故障を疑い、点検、動作テストを繰り返した結果、エアマスセンサー(吸入空気量を測るセンサー)の不良とである事が判明しました。
タイミングバリエーターの故障では無く、ひとまず安心です!...



360モデナでは左右に1つずつエアマスセンサーがついています。
エアクリーナーとスロットルボディの間に装着されているのがエアマスセンサーです。今回は2つとも交換致しました。



同時にスパークプラグの交換も行います。



エアマスセンサー、スパークプラグを交換にて、アドリング不調が無くなり、フェラーリらしい力強いエンジンサウンドが復活しました!

クラッチ交換

360モデナのクラッチ交換は、リア周りの部品、メンバーを外す必要があります。



リアバンパー、テールランプを外します



マフラー、エアクリーナーを外すとミッションが見えてきます。



ドライブシャフトを切り離し、エンジンとミッションを切り離すとクラッチが姿を現します



切り離されたミッションです。
いよいよクラッチ交換作業に入ります!



新品のクラッチ一式です
順番に車両に組み付けていきます。



スラストベアリングとF1センサーを交換後、ミッションを車両に取り付けます。



ミッションを車両に装着して、クラッチ交換は終了です!

F1ポンプ交換

F1ポンプは走行時はもちろん、運転席側のドアを開けた時、キーをONにした時など多くの場面で油圧を保持するため作動しています。
作動時は「ウイーーン」と高周波な音がしますが、劣化してくるとだんだん音が小さくなったり、音が低くなっていきます。
F1ポンプのトラブルは不動に直結する重要なパーツですので、長らく交換されていない車両、作動音が小さい車両は交換をお勧めしています。



F1ポンプからオイルを抜き、ポンプ本体を交換していきます。



新品のF1ポンプを装着し、オイルを充填していきます。



F1ポンプ交換時に同時交換をお勧めしているのが写真のホースです。F1ホースは大きくカーブしてF1ポンプとF1タンクと繋いでいます。大きくカーブしている為、劣化しやすく、亀裂などが入りやすい傾向にあります。今回使用したパーツはミラコラーレオリジナル品です!いまでは多くのマセラティ車に装着頂いている「カンビオホース」のノウハウを使用し、フェラーリ用F1ホースも製作いたしました。

BERTOCCHI フェラーリ 360モデナ用F1ホース
http://car.webplus.ne.jp/Parts_detail.asp?Id=wa2967&S_Id=947

エンジンマウント交換



エンジンマウントはエンジンを支え、振動を吸収する役割を担っていますが、経年劣化により写真の様に徐々に潰れてしまいます。
エンジンマウントが潰れてしまうと、エンジンの振動が車両に伝わり、まるで「エンジンブロー」をしてしまったかのような振動が発生します。また、エンジンが下がってしまう事でハーネスなどが引っ張られ、断線といった二次被害が発生する事がありますのでご注意ください。




タイミングベルト交換

360モデナのタイミングベルト交換はシートを取り外して行います。
シート、カバーを取り外すとタイミングベルトが姿を現します。






ウォーターポンプとタイミングベルト一式の交換を行います。



タイミングベルトは半コマでもずれるとバルブタイミングが変わりエンジン不調が発生する為、しっかりマーキングしながら作業を進めます。
この車両はタイミングベルトの劣化により左バンクのインテーク側が半コマずれていたものを、正位置に修正することでエンジンのレスポンスが圧倒的に改善されました。




カバーを取付け、エンジンの作動チェックを行い、タイミングベルト交換は完了です!





エンジンルームもクリーニングを行い、外見、中身共にしっかりメンテナンスさせて頂き全ての作業が完了しました!

この度は入庫頂きありがとうございました!
又納車後車を買い換えたかのように調子良くなった!と喜んで頂きました。今後も主治医として万全の体制でサポート致しますのでよろしくお願いいたします。
次回は、カスタマイズでのご来店お待ちしております!














フェラーリのメンテナンス、カスタマイズもミラコラーレにお任せください!

株式会社 ミラコラーレ
横浜市港南区港南中央通7−18
Tel:045-849-3031
Mail:info@miracolare.co.jp

▲このページの先頭へ

recommend Parts サイトポリシー 個人情報保護方針 古物商の表示

Copyright(c) 2004-2018 Miracolare Co.LTD All rights reserved.