MiracolareEnglishfacebook
カテゴリ
Shop news
Desire to car
パーツ情報
Goods
Staff voice
Owner voice
イベント情報
English
雑誌記事
試乗記
お客様紹介
メンテナンス日記
サーキット日記
マフラーサウンド集

サイト内検索


カレンダー
<< 2021年09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

新着記事一覧

社名 株式会社ミラコラーレ
郵便番号 〒233-0004
住所 神奈川県横浜市港南区港南中央通7-18
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜日、水曜日
電話番号 045-849-3031
FAX番号 045-840-4334
メール info@miracolare.co.jp

English




サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。











BERTOCCHI
DMS Automotive
FORMULA DYNAMICS
Larini
 
サイクル事業部
Pedalist
ピナレロショップ青山
 
フィットネス事業部
総合格闘技ジム BELVA


記事詳細

Maserati Trofeo MC World Series 第6戦 レポート3 パドック編

2015年10月29日

Maserati Trofeo のパドックの様子をお届け致します。

Trofeoが所狭しと並んでいる姿は壮観です。
レース後のパドックはクルーもドライバーも緊張感から解放され、まっ
たりとした空気が流れます。



このパドックはTrofeo専用で、大きなテントを使用しているのですが、過去の写真を見ても同様な形で運営されていますが、1レース毎にこん
なスペースが用意されるなんて凄い事ですよね。



そしてそのテント内に戦いが終わったマシーン達が並びます。
何事も無く終わったマシーンは綺麗な顔のままピットで次の戦いを待ち
ますが、傷を負ったマシーン達は翌日の戦いのために、応急処置を受け
ます。







この配置いいですね^^



こちらはグラベルに入ってしまったと思われるマシーン。
拾った小石が凄まじい事になっています。



「これからどうする?
 今晩しゃぶしゃぶと寿司を予約してるんだから」
 おまえ一人で直せよな。」



「おい勘弁してくれよ! 一人じゃ無理だよ!」
「俺も寿司食べたいよ!」


「俺も行くよ!置いてかないでくれ」
そして放置されたマシーンが・・・・・
スミマセン。全て適当な作り話ですのでスルーしてください。



話は戻り写真を見てノーマルとの違いは分りますでしょうか?



もう少し寄ってみます。



ノーマルグランツーは下の写真のようになっています。



ホイールボルトを見比べてください。

ノーマルではボルトをハブ側に差し込む形式になっています。



Trofeoは逆に車両側からホイールボルトが出ています。
ホイールの脱着を考えると明からにTrofeo側の方が早くて簡単です。



フロントウインドウ
触っていないので100%とは言い切れませんが、ビス止めしている
ので恐らくアクリル製だと思われます。



固定方法が素敵です。打ち込むとき気持ちよさそうです^^






このマシーンもよく見ると戦いの爪痕が刻まれています。
男前です。



ゼッケン10のマシーンもグラベルに突っ込んでしまったのか。




洗車中です。



背中から哀愁が漂っていました^^



リアは。。。。。



サイレンサーも小さく、バイクのチャンバーマフラーみたいです。
4200系のTrofeoのフロントマフラーはノーマルと同じ形状で潰れて
おり交換することで、レスポンス、パワー共にアップしました。
今回はそこまで見れなかったので、一度リフトアップしてじっくり見て
見たいです。



ウイングの取付位置と方法が素敵すぎます。^^
強力なダウンフォースはトランクを曲げてしまうほどの力が掛りますの
でステイを直付けするのが理想ですよね。


安全燃料タンク
安全面だけでなく装着する事によるメリットはかなりあります。
特にコーナーでGが掛った時の燃料の偏りによる弊害が防げるようにな
る点は大きいです。



フロントアンダーカバー



リアアンダーカバー
 ダウンフォースを得られるように形状に変わっています。



無造作に置かれたボンネットとフロントバンパー




何気ない光景ですが、サーキットでしかみれない姿ですよね。



使用後のスリックタイヤ



フレッシュなタイヤはウエット路面では本当に怖そうですね。



エンジンルーム





本来あるはずの補記類、カバー類が全て取り外されています。





最近ウマを使っての作業なんてすっかり忘れていましたが、サーキット
では基本ですね。



これでパドックのレポートは終了させて頂きます。
次回は番外編として、パレードラン他パーキングに止めてあった車両
の写真等をお届け致します。

マセラティのメンテナンス、カスタマイズはミラコラーレまでお問い合
わせください。

TEL:045-849-3031
mail:info@miracolare.co.jp

▲このページの先頭へ

recommend Parts サイトポリシー 個人情報保護方針 古物商の表示

Copyright(c) 2004-2021 Miracolare Co.LTD All rights reserved.