MiracolareEnglishYoutubeinstagramfacebook
カテゴリ
Shop news
Desire to car
パーツ情報
Goods
Staff voice
Owner voice
イベント情報
English
雑誌記事
試乗記
お客様紹介
メンテナンス日記
サーキット日記
マフラーサウンド集

サイト内検索


カレンダー
<< 2022年08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

新着記事一覧

社名 株式会社ミラコラーレ
郵便番号 〒233-0004
住所 神奈川県横浜市港南区港南中央通7-18
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜日、水曜日
電話番号 045-849-3031
FAX番号 045-840-4334
メール info@miracolare.co.jp

English




サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。











BERTOCCHI
DMS Automotive
FORMULA DYNAMICS
Larini
 
サイクル事業部
Pedalist
ピナレロショップ青山
 
フィットネス事業部
総合格闘技ジム BELVA


記事詳細

マセラティクーペキャタ割れ+クラッチレリーズベアリングオイル漏れ

2011年03月23日

マセラティクーペメンテナンス

今回ご紹介するのは千葉県にお住まいのA様。
エアロと足回りのご相談を兼ねてご来店頂く途中突然のガラガラ音が発生し
緊急メンテナンスさせて頂きましたのでご紹介致します。



走行中に大きな音でガラガラがらと音がし始めたのですが、
多分HPで書かれている、フロントのキャタ割れではないかと?
落ち着いた様子でお電話頂いたのですが、当社に到着したときは
本当に凄い音で・・・・・・・
私達もこれが触媒でなければと怖くなるくらいの音で、正直良く乗ってこれた
なと言う状態でした。

触媒割れの記事はこちらをご覧ください→ここをクリック←

A様も正直HPでトラブルの内容が書かれていなければ、怖くて乗れない
音だったけど、症状が見事に当てはまるし、エンジンも吹けるので問題ないと
判断して来ましたと・・・・・・・
本当にHPのブログは参考になりますと・・・・・
早速リフトに上げてトラブルを確認していきます。



フロントパイプを外すと・・・・・・



触媒は見事に粉々に砕けていました。
この車の走行距離は2.8万キロですのでやはり距離でなく
年数で触媒がやられてしまうようです。
参考までにこのお車の年式は02年式です。



今回は私達も驚くほどのガラガラ音が出ていました。
ガラガラ音が出た場合は触媒以外のトラブルの可能性もありますので
出来れば安全な場所に停車してレッカーを呼んでください。



今回はこれだけ触媒が割れていてもチェックエンジンを始め車両側での
エラーは何も発生していませんでした。
更にテスター診断の結果でもエラー履歴は何も残っておりませんでした。

参考までに触媒が割れている状況では以下の症状が出ることがあります。
☆エンジンスタート時掛かりが悪くなる。
この車もキャタを交換するまでエンジンに中々火が入らず他のトラブルの
可能性も有りと各部を点検したくらいです。


レリーズベアリングオイル漏れ

キャタ割れを確認している途中、岸がオイル漏れを見つけました。
オイル漏れを辿っていくと、クラッチ廻りから漏れている様子。



中もこの通りオイル漏れの後がくっきりと。



A様からお車をお預かりする度に、カンビオECUを装着頂いている
のに、クラッチのつながりがイマイチであることを私達も認識しておりました。
しかしクラッチはもう少し走れる残量だった為、あえて交換をぜず、入庫頂く
度にテスターでクラッチ調整を行ってきたのですが、今回の漏れは不動にな
る可能性が大なので、クラッチ交換をさせて頂きました。

下の写真を見て頂くと垂れているのが分かると思います。



更にパーツを外していくと、シール部分からオイル漏れの確認が出来ました。
廻りのパーツもオイルでギトギトです。



クラッチセンサーもオイルまみれになっていました。



フライホイールの写真をご覧ください。
かなり焼きが入っています。
ここまで焼きが入っているフライホイールは珍しいです。
クラッチ交換履歴は分かりませんでしたが、多分フライホイールは1回も
交換して無かったと思われます。



更にアップすると、細かい線傷も見えると思います。



写真下は新品のフライホイール。
その差は一目瞭然です。



今回交換したパーツ一式です
左がクラッチ関係  右がフロントマフラーです。
このフロントマフラーはガス検を取得していますので、車検対応品です。
リペアパーツとしてもお使いいただけますのでご活用ください。



今回も堀口が施工させて頂きました。
今月クラッチ交換何台目?の質問にまだ5台目ですと・・・・・
途中アルファロメオのクラッチ交換もしてるので6台目ですが
カウント出来ませんよねと・・・・・・
すっかりクラッチマイスターになりつつあります。





最後にフロントマフラーを装着して作業完了です。



テスト走行から堀口が珍しく興奮して帰ってきました。
凄いです!滑らかでシフトがパンパン決まり、メチャクチャ良くなってます。
まるでモデナにF1スーパーマチックを装着したみたいなので乗って見てくだ
さいと^^

その状況をA様にお伝えし納車させて頂いたところ、メールを頂きましたので
ご紹介致します。

「  車を持っていった時は例のガラガラ音とクラッチもうまく繋がらず
  ギクシャクしており、ストレスを感じましたが、交換して頂いてからは
  車が別物のようになっており、正直驚きました(笑)
  
  クラッチはガチャガチャ騒がしく、タイムラグがあってストレス溜まりましたが
  スーパースムーズにバシバシ気持ち良く繋がるようになりました。
  そしてキャタが壊れなかったとしてもフロントパイプは交換して本当に良かっ
 たです。ノーマルだと踏み込んだ時に感じる一瞬のタイムラグとモッサリした
 排気音・・・  これがなくなり一気のスーパーレスポンスと快音!
  
  この車を買う時に「こんな感じかなー。こんなだったらいいなー。」と
  イメージしていましたが、現実は「あれ?」って思うような事がしばしば・・・・
  
  しかし、こうして少しずつ手を加えていく事で本来の姿を取り戻していくのが
  今はとても楽しみです。。。
  
  いつもながら良い仕事をして頂きまして本当にありがとうございました。
  スタッフの皆さん、今後ともよろしくお願いします。」

A様お忙しい中のコメンだけで無く、電車の運行状況が不安定な中の
ご来店本当にありがとうございました。

今後も常に快調を維持できるようスタッフ一同小さな部分も見逃さないよう
目を光らせていきますのでお任せ頂ければ幸いです。




クラッチ交換、一般整備そして何か調子悪いなとお悩みの方は何なりとご相談
ください。万全な状態にしてお戻し致します。
尚当社ではメンテナンス前後に実走によるテスト走行で車の状態を把握する
作業を、お客様の許可を頂いてしております。(不動車は除く)
適切なメンテナンスを行うための重要な作業であることご理解頂ければ幸いで
す。実走テストでお客様が気づいていないトラブルが見つかるケースも多々あ
り、大きなトラブルになる前に処置することで、結果的にメンテナンスコストも抑
える事が出来ます。

メンテナンスに関するお問い合わせは
TEL:045−849−3031
mail:info@miracolare.co.jp
まで遠慮無くお問い合わせください。















▲このページの先頭へ

recommend Parts サイトポリシー 個人情報保護方針 古物商の表示

Copyright(c) 2004-2022 Miracolare Co.LTD All rights reserved.