MiracolareEnglishfacebook
カテゴリ
Shop news
Desire to car
パーツ情報
Goods
Staff voice
Owner voice
イベント情報
English
雑誌記事
試乗記
お客様紹介
メンテナンス日記
サーキット日記
マフラーサウンド集

サイト内検索


カレンダー
<< 2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

新着記事一覧

社名 株式会社ミラコラーレ
郵便番号 〒233-0004
住所 神奈川県横浜市港南区港南中央通7-18
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜
電話番号 045-849-3031
FAX番号 045-840-4334
メール info@miracolare.co.jp

English




サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。











BERTOCCHI
DMS Automotive
FORMULA DYNAMICS
Larini


記事詳細

「走ってなんぼ」マセラティ・ギブリ編 /マセラティ/フェラーリ/ランボルギーニ/アルファロメオ/イタリア車/専門店/パーツ/横浜/ミラコラーレ

2008年08月02日

本日はマセラティギブリです。
まずは外観です。

コンパクトです!
全長4215mmしかなく、ホイールベースも2515mmしかありません。
イメージで言うと、フェラーリ355を一回り小さくしたような感じです。

このボディにV6ツインターボ280馬力を積み込み、電子制御などは
ほぼないので色んなことが起こりえるのはなんとなくわかります(笑)

さて、乗り込みます。
まず目に入るのは豪華な内装です。

14年経った今でも決して色褪せることのない内装です。
ウッドをふんだんに使い、今はなきコノリー社の皮シートがいい味を出してます。
新車の時はどれほど凄かったのか想像できますね(^^)


走り出します。
スルスルと知らないうちにスピードが出ます。
ターボラグはほとんど感じません。
気がつくと、えっ!というスピードが出ています。

現代のエンジンとは一概に比べられないですが、
今でも十分に走れますし、踏めばスルスルといい勢いで走れます。

足も違和感なく現代のマセラティに通じるものを感じることが出来ます。
グランスポルトやクーペほど硬くはないですが、
マセラティのスポーティさは保っています。

運転してて感じたことですが、とにかく車のコンパクトさを運転中にも感じます。
程よいタイト感に包まれ、手に取るように車体の大きさがわかります。
この感覚は車を運転する上で非常に大事なことです。(^^)

そして、もうひとつ言える事は、
この個体自体が非常にいい状態なんだろうな、というのがわかる車ということです。
修復ありではありますが、全く問題なく直っていることも確認できました。


コンパクトなボディに、力のあるエンジンに、豪華な内装。
今の車達にはない魅力に溢れた車です。

程度のいいものも少なくなってきた昨今、狙い目です。

詳しくはこちら!





▲このページの先頭へ

recommend Parts サイトポリシー 個人情報保護方針 古物商の表示

Copyright(c) 2004-2018 Miracolare Co.LTD All rights reserved.