MiracolareEnglishfacebook
カテゴリ
Shop news
Desire to car
パーツ情報
Goods
Staff voice
Owner voice
イベント情報
English
雑誌記事
試乗記
お客様紹介
メンテナンス日記
サーキット日記
マフラーサウンド集

サイト内検索


カレンダー
<< 2019年08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

新着記事一覧

社名 株式会社ミラコラーレ
郵便番号 〒233-0004
住所 神奈川県横浜市港南区港南中央通7-18
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜
電話番号 045-849-3031
FAX番号 045-840-4334
メール info@miracolare.co.jp

English




サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。











BERTOCCHI
DMS Automotive
FORMULA DYNAMICS
Larini


記事詳細

グラントゥーリズモ4.2L AT 車検整備&カスタマイズレポート!

2019年05月23日

グラントゥーリズモ4.2L AT 車検整備&カスタマイズレポート!
 
MCストラダーレバンパー、グラントゥーリズモスポーツサイドスカートやクリアサイドマーカーなど細部までしっかりカスタマイズされたグラントゥーリズモ。
 
今回は車検整備に加えてBERTOCCHIマフラーやFormula DynamicsシフトECUのインストールなど、走行性能アップのカスタマイズをさせて頂きました。いつもありがとうございます!
納車後オーナー様より喜びのインプレッションを頂きましたのでメンテナンス、カスタマイズの様子と併せてご紹介いたします!
 
 
~車検整備箇所~
 
油脂類や消耗品交換に加えて下記の箇所をメンテナンスさせて頂きました。
 
・タペットカバーパッキン交換
・ラジエターロアホース交換
・エンジンマウント交換
 
~カスタマイズ箇所~
 
・BERTOCCHIフロントマフラー
・BERTOCCHIセンターマフラー
・Formula DynamicsシフトECU
・BERTOCCHIエンジンECUチューニング
 
それではメンテナンスの様子からご覧ください。
・タペットカバーパッキン交換
 
エンジンのヘットカバーよりエンジンオイル漏れが発生していた為、パッキン交換を行います。
 
 
タペットカバーのすぐ下にはエキゾーストマニホールド(通称:タコ足)やフロントマフラーが装着されており、走行中非常に高温となります。
 
高温となったマフラー類に漏れたエンジンオイルが付着すると、異臭や発煙などの原因となり、最悪の場合車両火災に発展するケースもありますので、しっかりとメンテナンスを行う事が重要です。
 
 
今回はタペットカバーパッキンの他にもプラグホールパッキンやブッシュパッキン、スパークプラグも好感していきます。



まずはタペットカバーを取り外し、劣化したパッキンや汚れをきれいにクリーニングしていきます。



もちろんタペットカバー内側もしっかりとクリーニングをおこない、新しいパッキンを装着し車両へ取り付けていきます。
 
 
スパークプラグも交換を行います。
グラントゥーリズモの場合、スパークプラグの交換にはカウルトップを外さなければならず、多くの作業と時間が必要となります。

タペットカバーパッキン交換と同時に行うことで、重複する箇所の工賃がかからないためメンテナンスコストを抑えることが可能です。

 
スパークプラグをすべて交換させて頂きました。
エンジンも非常にスムーズに吹け上るようになりました。

タペットカバーをエンジンに組付け、補器類を組み立ててタペットカバーパッキン交換は完了です。
しっかりとオイル漏れを修理することで安心してドライブを行うことができます。
 


・ラジエターロアホース交換

エンジンからラジエターへ冷却水を送るラジエターホース。エンジンをしっかりと冷却するうえで重要なパーツです。ホースからの冷却水漏れはエンジンのオーバーヒートなどの重大なトラブルとなるため、ホースの亀裂や冷却水漏れが見つかった場合は早急にメンテナンスを行う必要があります。



装着されているホースを確認すると冷却水が漏れた跡が白く残っています。



ホースを取り外し、ホースと冷却水を新しいものへ交換していきます。



取り外したホースと新品のホースです。
取り外したホースは柔軟性がなくなり、カーブのきつい個所やホースのジョイント部分には細かい亀裂が入り、冷却水が漏れ出していました。





ラジエターホースの交換後は冷却水、ラジエターサブタンクキャップなどを交換し、冷却水周りをリフレッシュしていきます。
これからの季節、気温が上がり車にとっても厳しい環境となります。特に夏場は少しのトラブルでエンジンがオーバーヒートしてしまう可能性が高くなるため、冷却水の量の確認やエア抜き作業を入念に行います。

ホース交換後はエンジンを始動させ、各部チェックを行いラジエターロアホース交換は完了です!

 
・エンジンマウント交換

エンジンマウントはその名の通り、エンジンを支える役割を担っています。
しっかりとエンジンを支えるとともに、アイドリング時や走行中はエンジンからの振動を吸収するなど重要な役割を担っています。

今回は経年劣化によりマウント部分が潰れてしまいっていたためエンジンマウントの交換を行いました。



エンジンマウントが劣化すると、エンジンからの振動を十分に吸収することができません。
劣化が進むとまるでエンジンブローをしてしまったのではないか?と思ってしまうほど激しい振動や異音の原因となります。

 
また、マウントが劣化し潰れてしまうことでエンジン搭載位置が下がり、エンジンと各部をつなぐハーネス類やホース類にテンションがかかり、破損や断線などの二次災害につながる場合もあります。

常に数百kgのエンジンを支えているため、定期的な交換が必要なパーツです。

 


エンジンを少しずつ持ち上げ、エンジンマウントを交換していきます。
 


エンジンマウントが取り外されました。
写真右側が取り外したエンジンマウント、写真左側が新品のエンジンマウントです。
マウントの高さが大きく異なるのが写真からもお分かり頂けると思います。


【新品エンジンマウント】

【取り外したエンジンマウント】

マウントの隙間に指を入れてみると一目瞭然です。
新品のエンジンマウントへ交換しエンジンマウント交換は完了です!

これでしっかりとエンジンを振動を吸収することができ、快適にドライブを楽しむことができます。

 
~カスタマイズ箇所~
・BERTOCCHIフロントマフラー + BERTOCCHIセンターマフラー

グラントゥーリズモ本来の性能とマフラーサウンドをもっと楽しみたい。とのご相談を頂きました。
そこでエンジンレスポンスの向上とパワーアップなど走行性のアップと、高回転域まで音が消えることなく消する事無く綺麗なサウンドを奏でる様、フロントマフラーとセンターマフラーを交換させて頂きました。



通常マフラーカスタマイズを聞くとリアマフラーの交換を思い浮かべる方も多いかと思いますが、マセラティのリアマフラーは非常にしっかりと作りこまれているため、リアマフラーは純正のままフロントマフラーとセンターマフラーを交換することで非常にきれいなサウンドを奏でるようになります。

音量、音質、そして走行性能面でもミラコラーレおすすめのマフラーセットです!
まずは純正フロントマフラーをご覧ください。



純正フロントマフラーは騒音規制の観点から、触媒部分が大きく潰れています。
触媒部分が潰れていることで大きな排気抵抗となるだけではなく、高回転域でのサウンドが消えてしまう原因になります。



そこでBERTOCCHIマフラーは触媒部分の潰れを解消し、ストレスなく排気を行える様なレイアウトとしました。
排気効率が上がることでエンジンレスポンスが圧倒的に良くなり軽快にエンジンが吹け上る様になります。
また高回転域までしっかりと美しいサウンドを奏でるようになります。



触媒部分にはスポーツキャタライザーを装着しておりますので、社外マフラーでありがちなチェックエンジンなどのエラーも基本的に発生しませんのでご安心ください。

続いてセンターマフラーを交換していきます。



純正センターマフラーは中央部に大きなサイレンサーが装着され、大きな排気抵抗になっています。


 
BERTOCCHIマフラーは排気効率をアップさせると共に左右バンクをしっかりとクロスさせ、左右バンクの同調を行うことでバラつきの少ないクリアできれいなサウンドを奏でるようになります。
 

 
エンジンの吹け上りも鋭くなり、サウンドもクリアで美しいサウンドを奏でるようになりました!
 

・Formula DynamicsシフトECU
 
クーペに始まり、スパイダー、グランスポルト、グラントゥーリズモなど今では多くのマセラティに装着頂いているFormula DynamicsシフトECU。シフトECUを装着すると、変速が速くなりアクセルレスポンスも向上します。

リニアな変速と、鋭いアクセルレスポンスによりクルマが一回り小さくなったかのような軽快なドライビングを楽しむことができます。

一度装着すると、もうシフトECUなしではドライブできない!と多くのオーナー様よりご好評を頂いているおススメのパーツです!



シフトECUは純正コンピューターと併せて装着するサブコンタイプのECUですので、万が一エラーなどの不具合が発生した場合もすぐにノーマル状態に戻すことができます。もちろんテスター診断等には影響ありませんのでご安心下さい。

 


エンジンECUへ繋がるハーネスにシフトECUのハーネスを装着していきます。



エンジンECUへは無数のハーネスが接続されています。
シフトECUの装着に必要なハーネスを探し出し、加工を行います。



シフトECUハーネスを装着し、トラブルなどが発生しないようにハーネスをしっかりと保護し、カンビオECUの装着は完了です!

 

・BERTOCCHIエンジンECUチューニング

ECUチューニングと聞くと高回転域のみがパワーアップされ、低速域ではトルクが無くなってしまいかえってクルマが乗りづらくなってしまう思う方も多いのではないでしょうか。

そこでBERTOCCHI ECUチューニングは街中など普段使いからサーキットなどのスポーツ走行まで非常に扱いやすいクルマに変身させるべく、中回転域を中心にパワーアップを行います。
低回転域から中回転域の普段多く使用する回転域のトルクが上がることで、ECUチューニング後に燃費が良くなるケースも報告されています。



なお、ノーマルのECUデータは各車両ごとに保存しておりますので、万が一エラーなどの不具合が発生した場合などはノーマル状態に戻すことも可能ですのでご安心ください。(1stオーナーに限定させていただきます。

ECU書き換えによりレッドゾーンまでシートに貼りつくような加速感とパワー感を楽しむことができます。
アクセルを踏み込んだ瞬間に思わず「ニヤり」と笑みがこぼれてしまうこと間違いなしです!是非パワーアップしたグラントゥーリズモ本来のポテンシャルを存分にお楽しみください!



走行するうえで重要な個所のメンテナンスに加えてよりドライブをお楽しみ頂けるよう、走行性能アップを重点的にカスタマイズをさせていただきました!

 
納車直後、オーナー様より喜びのメールを頂きましたのでご紹介いたします。
 
『この度はお世話になりました。ヤバイの一言です。正直今回はシフトECUやエンジンECUをいじっても大して変わらなく、マフラー交換くらいしか実感んできないんだろうなと思ってましたが、いい意味で見事に期待を裏切られました。帰りのドライブは満足感と幸福感でいっぱいでまさにプライスレス。疑ってすいません(笑)

そもそも今回初めてシフトECUを知ったくらい知識もない私でもここまでレスポンスや加速が違うのかと驚きと同時にスピードが出るのでスピード違反にならないかと高速をスピードを気にしながら走ってたくらいです。
更に驚く事にSPORTSモードではなくノーマルモードで走っている事を気付かないくらい性能やレスポンスアップしてました。以前はいつもSPORTSモードで運転していましたのでそれを忘れるくらいノーマルモードでも充分味わえました。

マフラーももっと早く交換しとけば良かったと思い、走る楽しみが増しました。
これまでは忙しくバッテリー切れないように3週間に一回エンジンを回すくらいでしたが今回から楽しみに変わりました。ありがとうございます。』
 
BERTOCCHIマフラーやFormula DynamicsシフトECU、エンジンECUチューニングとカスタマイズの全てでその効果に喜んで頂きました。
 
今回は車検整備ということでメンテナンスもしっかり行っておりますので、安心してパワーアップしたグラントゥーリズモでドライブを存分にお楽しみください!
 
I様、この度は入庫頂きありがとうございました!
今後もメンテナンス、カスタマイズとグラントゥーリズモの事なら何でもお任せ下さい!
今後ともよろしくお願い致します!
 
車検整備や1年点検などのメンテナンスはもちろん、カスタマイズやボディリペアまでマセラティのことなら何でもミラコラーレにお任せ下さい!
 
株式会社ミラコラーレ
横浜市港南区港南中央通7−18
Tel:045-849-3031
mail:info@miracolare.co.jp




▲このページの先頭へ

recommend Parts サイトポリシー 個人情報保護方針 古物商の表示

Copyright(c) 2004-2019 Miracolare Co.LTD All rights reserved.