MiracolareEnglishfacebook
カテゴリ
Shop news
Desire to car
パーツ情報
Goods
Staff voice
Owner voice
イベント情報
English
雑誌記事
試乗記
お客様紹介
メンテナンス日記
サーキット日記
マフラーサウンド集

サイト内検索


カレンダー
<< 2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

新着記事一覧

社名 株式会社ミラコラーレ
郵便番号 〒233-0004
住所 神奈川県横浜市港南区港南中央通7-18
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜
電話番号 045-849-3031
FAX番号 045-840-4334
メール info@miracolare.co.jp

English




サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。











BERTOCCHI
DMS Automotive
FORMULA DYNAMICS
Larini


記事詳細

クアトロポルテ スポーツGT ラジエター・ホース類メンテナンス日記

2018年07月14日

クアトロポルテ スポーツGT ラジエター・ホース類メンテナンス日記
 
7月に入り、いよいよ夏本番といった暑い日が続きます。
人にとっても厳しい環境ですが、当然クルマにも負荷がかかる季節です。
 
特に夏休みシーズンの高速道路や行楽地などの渋滞はクルマにとって大きな負担となります。冷却水周りの不具合はエンジンブローとなってしまうトラブルに直結するため、特に注意が必要です。
厳しい夏を乗り越えられる様、特に冷却水周りの点検、メンテナンスはしっかり行いたい箇所です。
 
今回ご紹介のクアトロポルテ スポーツGT はシリンダーブロックデリバリーホースからの冷却水漏れにて入庫頂きました。点検の結果、他のラジエターホースにも劣化が見られたため、ラジエター周りのリフレッシュをさせて頂きましたのでご紹介いたします。
 
 
〜メンテナンス箇所〜
●シリンダーブロックデリバリーホース交換
●ラジエターアッパーホース・ロアホース交換
●ラジエターコア交換
●サーモスタット交換
上記の箇所をメンテナンスさせて頂きました。
 

 
●シリンダーブロックデリバリーホース交換
 
今回、冷却水漏れの一番の原因はシリンダーブロックデリバリーホースです。
シリンダーブロックデリバリーホースはクラッチが収まっているベルハウジングの裏側に装着されています。
かなり奥まった箇所に装着されているため日常使いではもちろん、リフトアップ時も点検が難しい箇所ではあります。
ミラコラーレではクラッチ交換時などベルハウジングを外した際は必ず点検し、ホースに劣化が見られる場合は同時に交換することをお勧めしています。
 
 
写真内、ブルーのホースがシリンダーブロックデリバリーホースです。
手前に写っているのがクラッチです。いかに奥まった場所に装着されているかが、この写真でお分かり頂けると思います。
パーツ自体は6cm程度と小さなパーツですが、交換にはクラッチ交換と同等の大がかりな作業が必要です。
 
 
まずはマフラーを取り外し、トランスミッションを車両から切り離していきます。
 
 
次にトルクチューブを取り外します。
トルクチューブを取り外すと、クラッチが収まっているベルハウジングを取り外すことができます。
 
 
ベルハウジンを取り外し、いよいよシリンダーブロックデリバリーホースを交換していきます。
 
 
交換したホースは中央付近でパックリと亀裂が入っていました。
エンジン作動時には強い圧力のかかる部分ですので、劣化したホースでは圧力に耐え切れず冷却水が漏れ出してしまいます。
 
 
より耐久性の高いシリコンホースに交換していきます。
 
 
取り外したベルハウジング内部です。シリンダーブロックデリバリーホースから漏れた冷却水が流れた跡があり、多くの量の冷却水が漏れていた事が分かります。
ホースの交換後、ベルハウジング、トルクチューブ、トランスミッションなどを組み付け、シリンダーブロックデリバリーホース交換は完了です。
 
ラジエターコア・アッパーホース・ロアホース交換
 
今回の冷却水漏れの原因であるシリンダーブロックデリバリーホースの交換は完了しましたが、これで安心ではありません。
漏れの原因であったシリンダーブロックデリバリーホースをしっかりと柔軟性のある健康なホースに交換したことでホース内は本来の圧力がかかることになります。
今まで高い圧力がかからなかった他のホースにも本来の圧力がかかることになり、他の劣化したホースからまたすぐに冷却水漏れを起こしてしまうケースも多くございます。
今回は更なるトラブルを防止する為、ラジエターコアをはじめ、付随するホース類の交換を行い、冷却水周りをリフレッシュしていきます。
 
 
ラジエターコア、アッパーホース、ロアホース、サーモスタットを交換していきます。
 
 
エアマスセンサー、エアクリーナーボックスなどを取り外し、作業を行います。
 
 
エンジンとラジエターコアを繋ぐホースも取り外します。
 
 
サーモスタットにも冷却水が漏れた跡が残っていました。
汚れをしっかりクリーニングし、新しいサーモスタットを装着していきます。
 
 
交換したラジエターコアとホースです。
特にアッパーホース、ロアホースは柔軟性が無くなり、カチカチに固くなるほど劣化が進んでいました。
 
 
取り外したパーツを取付け、冷却水をしっかり入れ、メンテナンスは完了です!
 
 
スポーツGTも発売から10年が経過し、ホース類などの消耗品に疲れが見える車両が増えてきました。
ミラコラーレではシリンダーブロックデリバリーホースをなど、純正より強度を向上させたシリコン製ホースをご用意しております。
耐久性の高い抑えるパーツにてメンテナンスをすることで、メンテナンスコストを抑えることができます。
 
これからの行楽シーズン、楽しいドライブとなる様お手伝いをさせて頂きます!
メンテナンスに関してのご相談などお気軽にお問い合わせください!
 
この度は入庫頂き、ありがとうございました。
今後もよろしくお願いいたします。
 
メンテナンスやカスタマイズ、ボディリペアまで、マセラティの事なら何でもお任せください!
 
株式会社ミラコラーレ
横浜市港南区港南中央通7-18
Tel:045-849-3031
mail:info@miracolare.co.jp

▲このページの先頭へ

recommend Parts サイトポリシー 個人情報保護方針 古物商の表示

Copyright(c) 2004-2018 Miracolare Co.LTD All rights reserved.