MiracolareEnglishfacebook
カテゴリ
Shop news
Desire to car
パーツ情報
Goods
Staff voice
Owner voice
イベント情報
English
雑誌記事
試乗記
お客様紹介
メンテナンス日記
サーキット日記
マフラーサウンド集

サイト内検索

カレンダー
<< 2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31




最近のコメント
はじめまして、lanciaH...
アルファロメオブレラ用のBe...
お世話様です。2002年のク...
貴社でメンテを行ってきたシル...
濱岡様コメントありがとうござ...
はじめまして。広島県に住んで...
サイドのマセラティのマークは...
初めまして。ホームページ見ま...
参加だけでも大丈夫ですか?い...
スカリエッティの車高調節の費...

新着記事一覧
  TOKYO AUTO SALON2017 マセラティギブリを出展しています
  SoldOut 販売車両入庫「マセラティグランスポルト ビアンコフジ」
  フェラーリ360モデナスーパーF1マチック装着レポート
  12月度定休日及び年末年始休暇のお知らせ
  SoldOut!「販売車両入庫」マセラティクアトロポルテDuoSelect
  20万キロにチャレンジ!クアトロポルテクラッチ交換
  BERTOCCHI カーボンボンネット装着
  SoldOut! Used BERTOCCHIホイール入荷しました!
  SoldOut! Miracolare/BERTOCCHI鍛造19インチアルミホイール
  マセラティグランスポルト アルミホイール装着
  マセラティギブリS シフトECU装着
  マセラティグラントゥーリズモSportsAT KW+BERTOCCHIマフラー装着
  11月度定休日のご案内
  SoldOut販売車両入庫「マセラティグランスポルト」クラッチ交換して納車致します
  10月度定休日のご案内
  Sold Out「販売車両入庫」マセラティクーペ
  マセラティクーペ カーボンボンネット装着
  SoldOut 販売車両入庫「マセラティクアトロポルテカスタム車両」
  DMS/ムルシエラゴ LP670SV-4 DMS ECUチューン
  ランボルギーニ ムルシエラゴLP670-4SV DMS ECUチューン

社名 株式会社ミラコラーレ
郵便番号 〒233-0004
住所 神奈川県横浜市港南区港南中央通7-18
営業時間 10:00〜19:00
定休日 火曜
電話番号 045-849-3031
FAX番号 045-840-4334
メール info@miracolare.co.jp

English




サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。











BERTOCCHI
DMS Automotive
FORMULA DYNAMICS
Larini




QRコードをケータイで読み込むと、
ケータイサイトにアクセスできます。

マセラティクアトロポルテ KW車高調整Kit装着
2016/08/19 15:59:39
マセラティクアトロポルテ4.2AT KW車高調整Kit装着

都内在中のO様。
とても気に入って乗っているのですが、お子さんが車酔いをしてしまうので何とかなりませんか?とご要望を頂きました。
色々お話をお伺いし、お子さん共どんな感じが嫌なのかヒアリングを行なった結果、揺れ返しと戻りを軽減すれば大丈夫との結論になりKWの車高調整を装着させて頂く事になりましたのでご紹介させて頂きます。



さてKW装着にて車酔いは無事治ったのでしょうか?
インプレを頂戴したのでインプレを中心に紹介致します。

KW
サスペンションキット + スペーサーを導入後に
しばらく試乗したところでの感想です。

 

・足回りに関する前提

導入は走行距離は 8.6 km をすこし超えた頃です。

5 km 手前でフロントショックを交換、 7 km 8 km で足回りのブッシュ類、タイヤ 4 本を新品交換済みです。

8.3 km でホイールのリペア時に 4 輪アライメント調整済みです。

 

KW サス + スペーサー導入の目的

1. 車体が揺れることによる車酔いをなくしたい

2. 高速時の安定性を確保したい

3. コーナリング時の安定性を確保したい

4. 見た目にほどよく車高を下げたい

 


・試乗コース(トータル約 400km

a. 磯子 - 湾岸線 - 辰巳 - 環状線 - 流山

b. 五反田 - 首都高 - 初台南

c. 新宿 - 首都高 - 環状線 -2 号線 - 戸越

d. 玉川 - 第三京浜 - 保土ヶ谷 - 首都高 - 大黒埠頭 - 湾岸線 - 羽田環八

e. 戸越 -2 号線 - 環状線 - 浜崎橋 - 台場 - 湾岸線 - 湾岸習志野

f. 湾岸習志野 - 湾岸線 - 大井 -1 号羽田線 - 羽田

g. 第二京浜、環八、環七

h. 都内の路地

 


・導入後の効果

1. 車体が揺れることによる車酔いをなくしたい

4 年の息子が早いときは乗車 5 分で酔ってしまい、乗り物酔い止め薬必須でした。

h,g,b,c 1 時間半程度乗車しましたが乗り物酔いの症状はありませんでした

 

2. 高速時の安定性を確保したい

e,f の直線が長く続く湾岸線で比較すると、ふわふわ感がかなり抑えられている印象でした。 高速域でも安定してぴたっとまっすぐ走る車になりました。

 

3. コーナリング時の安定性を確保したい

高速カーブということで、 d の玉川から入ってすぐの左、右と大きくカーブする地点にて、周囲の車を追い越すことができるくらい速度を落とさなくても安定して曲がれるようになりました。

e,c の首都高 2 号線の上下とも細かいカーブが続きますが、以前は速度が出すぎて怖くて途中でブレーキを踏むようなことが多々ありましたが、同じ速度でもカーブを抜けるまで同じハンドル確度で安心して曲がりきれるようになりました。

e のレインボーブリッジから湾岸線東方面へ抜けるカーブや、 f の湾岸線大井から 1 号羽田線へ抜けるカーブなど、同様にある程度の高速度でも安心して曲がっていくようになりました。

 

4. 見た目にほどよく車高を下げたい

横からの見た感じにも違和感なく、スペーサーもちょうどよくはまっています。

自宅車庫は私道からすこしスロープで乗り上げる形状ですが、フロントスポイラーもこすることなく問題ありませんでした。

ただし、一般の駐車場の輪留めは要注意で、ここは車高を下げた宿命かと思っています。

 

その他、乗り心地についてですが、お店を出てすぐに、 a をとおったときに粗い路面で下からゴツゴツ突き上げる感触がありました。小 4 年の息子もゴツゴツ感を感じ取っておりました。一般的に車高を下げストロークが短くなり、ショックも固められた足回りになれば、いわゆるスポーツタイプの車と同様に、ある程度ゴツゴツする感じになると思っています。

それを踏まえ乗っていると、徐々にその感触にも慣れてきて、高速道路などの道路の普通の継ぎ目ならコトンコトンとこぎみよく乗り越えていくので、まったく問題なく、経年の車の通過で道路がへこんだ部分などはふわんふわん揺れていたのがすっと抑えられるようになりました。

見た目も走りも総合的にかなりよい仕上がりになったと感じています。

 

今回、何度となく試乗と微調整を繰り返し最終的なセッティングに仕上げていただいたとうかがっています。

運転するのがまたさらに楽しい車になりました。

メカニック、スタッフの方、そして、野田さん、本当にありがとうございました。 

詳細なインプレありがとうございました。お子さんの車酔いも無くなり私達も安堵しております。今後も宜しくお願い致します。



装着の様子をご覧ください。

今回の作業はKWの車高調整KitスペーサーそしてポジションライトのLED化です。



装着前の車高をご覧ください。前後共にかなりスペースが空いている状態です。



4.2でもAT車では車高調整が装着されておりませんのでローダウンを行なうには車高調整を装着するしか手はありません。



下の写真だけ見ると凄く車高が落ちてしまうのでは無いかと心配になるほど長さが違いますが、出来上がりはキチンと調整出来ますのでご安心ください。


KWをインストールします。



ローダウンによりタイヤが中に入ってしまうのを、スペーサーでツライチにします。





装着後

エレガントな仕上げにして欲しいとのご要望によりフェンダーアーチとの間を指2.5本分に仕上げております。



リアもこの通り
かなり雰囲気は変わりました。






ポジションランプ LED化
変更前は昭和の香りが漂っておりますが、LEDに変えるだけで最新モデルに一新されます。






以上で作業は完了です。この度はありがとうございました。
息子さんの車酔いも改善され安堵しております。今後も宜しくお願い致します。(久しぶりにキャッチボールしました^^次回はもっと広い場所でやりましょうね)















マセラティ専門店 ミラコラーレ
車検、整備、カスタマイズ、板金全てお任せください。
マセラティ以外のイタリア車も無論OKです。

横浜市港南区港南中央通7−18
Tel:045-849-3031
mail:info@miracolare.co.jp




この記事のURL : http://www.miracolare.co.jp/501487.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

この記事にコメントする

名前
メール
URL
コメント
コメント認証キー
イメージを更新
※複数のページを開いてる場合は、コメント登録前に認証キーを更新して登録してください。

この記事へのトラックバックURL

http://car.blogten.jp/tbrv.asp?501487




▲このページの先頭へ

recommend Parts サイトポリシー 個人情報保護方針 古物商の表示

Copyright(c) 2004-2010 Miracolare Co.LTD All rights reserved.