MiracolareEnglishfacebook
カテゴリ
Shop news
Desire to car
パーツ情報
Goods
Staff voice
Owner voice
イベント情報
English
雑誌記事
試乗記
お客様紹介
メンテナンス日記
サーキット日記
マフラーサウンド集

サイト内検索

カレンダー
<< 2017年11月



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


最近のコメント
2006年式ガヤルドに乗って...
マセラティ グランツーリス...
この度はクアトロポルテ20万...
初めましてクワトロポルテに恋...
こちらは2010年のクワトロ...
修復歴あり、とはどのあたりに...
お世話になっています。6/2...
お世話になっています。6/2...
ギブリ ABA-MG30B ...
グランツーリズモ4,7クラッ...

新着記事一覧
  11月19日開催 箱根ターンパイクツーリングイベントのご案内
  マセラティギブリBcRacing車高調整Kitセッティングレポート関して
  LARINI/V8 Vantage 4.3L エキゾースト リアアッセンブリ(切替バルブ付)
  LARINI/V8 Vantage 4.3L エキゾースト リアアッセンブリ (切替バルブ無しタイプ)
  LARINI/V8 Vantage 4.3L ‘Club Sport’ エキゾーストセンターセクション
  LARINI/V8 Vantage 4.3L サイレンスド ‘SPORTS’ キャタライザー
  LARINI/V8 Vantage 4.3L “Sports” キャタライザー
  LARINI/V8 Vantage 4.7L エキゾースト リアアッセンブリ(切替バルブ付)
  グラントゥーリズモセンターマフラー集合タイプリリースのお知らせ
  Miracolare/グラントゥーリズモ AT BERTOCCHI センターマフラー 集合タイプ
  FAIT バルケッタ ワンオフマフラー製作
  ツーリングイベント開催のお知らせ
  11月度定休日のご案内
  マセラティ ギブリ ブレーキパッドラインナップ追加のお知らせ
  Miracolare/マセラティ ギブリ リアブレーキパッド(1pot用)
  Miracolare/マセラティ ギブリ フロントブレーキパッド(4pot用)
  AstonMartin V8 Vantage DMS ECUチューン
  クアトロポルテ ワンオフ ホイールスペーサー製作!
  マセラティ ギブリ カスタマイズ日記
  Miracoare/V8 Vantage 4.7 フロント+センターマフラーセット

社名 株式会社ミラコラーレ
郵便番号 〒233-0004
住所 神奈川県横浜市港南区港南中央通7-18
営業時間 10:00〜19:00
定休日 火曜
電話番号 045-849-3031
FAX番号 045-840-4334
メール info@miracolare.co.jp

English




サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。











BERTOCCHI
DMS Automotive
FORMULA DYNAMICS
Larini




QRコードをケータイで読み込むと、
ケータイサイトにアクセスできます。

マセラティスパイダー ミッショントラブルメンテナンスレポート
2015/12/07 18:48:59
マセラティスパイダー ミッショントラブルメンテナンス

カンビオユニットのトラブルによりギアが入らなくなってしまったスパイダー。
2速以上のギアに入らなくなり、バックに入れても前進する現象で入庫頂きました。


(写真と本文は関係ありません)

通常のメンテナンスではユニット交換となり200万円コースとなってしまいますが、ミラコラーレではオーバーホールをう事で、コストを抑えたメンテナンスを実現しておりますのでご紹介致します。


改めて症状を説明します。
1,2速以上にシフトアップしない。
2,Tバーでバックに入れるとインジケーターの表示はバックになり、アラーム音も正常に動作する。
3,表示上の問題を含めエラーは何も出ていない。
4,アクセルを踏むと前進する=バック状態でもバック出来ない

以上からトランスミッション本体又はロボタイズユニットの不良が想定されます。
ミッションとロボタイズギアを切り離しテスターでギアを作動させ不良箇所を特定していきます。




不良箇所のおおよその特定が出来たら、車両からミッションを下ろしユニットを割って不良原因を見つけていきます。





ここが不良原因でした。



メンテナンスを行う為に、更に細かく分解していきます。
本来ユニット交換を行う箇所の為、故障パーツは出ません。
従って普通はバラしませんがミラコラーレは違います




オーバーホールを始めたきっかけは、ユニット代金があまりにも高い為、故障箇所を追求したのが始まりです。



原因が分った時折角ここまでやったのであればパーツを作ってしまえ!と故障パーツをワンオフで製作したのが始まりです。
何よりもオーナ様のこれで乗り続けられると満面の笑みで帰られたのが私達にとっても一番嬉しかったです。



故障原因が出てきました。
壊れた箇所をワンオフ削り出しで製作し組込んで作業は完了です。



ロボタイズギアをバラしてオーバーホールしている会社は殆ど無いと思われます。
既に症例としてフェラーリを含めて、10例以上施工しております。
オーバーホール後の耐久性の実績も充分ありますのでご安心ください。

今後経年劣化により同様のトラブルが増えてくると思います。
通常修理では200万円コースと正直中古車の市場価格を考えるとかなり厳しい金額です。ミラコラーレではユニット交換以外の方法でリーズナブルなメンテナンスをご提案させて頂きますので是非ご相談ください。

(注)分解した結果故障箇所によっては。オーバーホール出来ない事もありますこと予めご理解ください。

マセラティのメンテナンスに関するお問い合わせはミラコラーレまでお気軽にお問い合わせください。
株式会社ミラコラーレ
横浜市港南区港南中央通7−18
Tel:045-849-3031
mail:info@miracolare.co.jp





この記事のURL : http://www.miracolare.co.jp/477065.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

この記事にコメントする

名前
メール
URL
コメント
コメント認証キー
イメージを更新
※複数のページを開いてる場合は、コメント登録前に認証キーを更新して登録してください。

この記事へのトラックバックURL

http://car.blogten.jp/tbrv.asp?477065




▲このページの先頭へ

recommend Parts サイトポリシー 個人情報保護方針 古物商の表示

Copyright(c) 2004-2010 Miracolare Co.LTD All rights reserved.