MiracolareEnglishfacebook
カテゴリ
Shop news
Desire to car
パーツ情報
Goods
Staff voice
Owner voice
イベント情報
English
雑誌記事
試乗記
お客様紹介
メンテナンス日記
サーキット日記
マフラーサウンド集

サイト内検索

カレンダー
<< 2017年5月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



最近のコメント
ギブリ ABA-MG30B ...
グランツーリズモ4,7クラッ...
始めまして。このパーツ,まだ...
(中古品)限定1Setマセラ...
このスペーサーキットはフロン...
クアトロポルテの購入を考えて...
クアトロポルテ(No3939...
はじめまして。当方、マセラテ...
はじめまして、lanciaH...
アルファロメオブレラ用のBe...

新着記事一覧
  マセラティグラントゥーリズモSクラッチ交換
  DMS/MC ストラダーレ ECUチューン
  FORMULADynamics/マセラティMCストラダーレシフトECU
  マセラティグラントゥーリズモMCストラダーレKW他カスタム
  [USED] ギブリ Q4 BERTOCCHI ローダウンスプリング
  [USED]キダスペシャル マフラーセット
  5月度定休日のご案内
  販売車両入庫のご案内「マセラティクーペカンビオコルサ」
  Sold Out! Miracoalre/ハイパーポリッシュ19インチアルミホイール
  第5回マセラティ祭り=ミラコ祭り開催のご案内
  SoldOut!販売車両入庫!「希少」マセラティクーペGT6MT
  新入社員のご紹介
  Miracolare ミラコレーレ/グラントゥーリズモSportsAT用フロントマフラー
  マセラティグラントゥーリズモSportsフロントマフラー装着
  4月度定休日のお知らせ
  Miracolare/グラントゥーリズモSportsAT用センターマフラー
  マセラティグラントゥーリズモSportsATカスタマイズ
  LARINI SYSTEMS/MCストラダーレ切替バルブ付きリアマフラー
  マセラティ Levante、LevanteS用センターマフラーリリースのご案内
  Miracolare/LEVANTE Sセンターマフラー

社名 株式会社ミラコラーレ
郵便番号 〒233-0004
住所 神奈川県横浜市港南区港南中央通7-18
営業時間 10:00〜19:00
定休日 火曜
電話番号 045-849-3031
FAX番号 045-840-4334
メール info@miracolare.co.jp

English




サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。











BERTOCCHI
DMS Automotive
FORMULA DYNAMICS
Larini




QRコードをケータイで読み込むと、
ケータイサイトにアクセスできます。

アメリカ出張日記Part4 自動車博物館/マセラティ/フェラーリ/ランボルギーニ/アルファロメオ/イタリア車/専門店/パーツ/横浜/ミラコラーレ
2008/11/09 13:28:21
日曜日のため、打ち合わせする企業も休みのため、ロスにある自動車
博物館に行って来ました。

毎日のハンバーグ三昧の為、身体に優しい物を食べようとチャイナタウンに行き朝粥からスタートです。
この店英語が全く通じません。
身振り手振りでオーダーをしていきます。



豚肉の肉まん


ここでトラブル発生。
写真下の豆腐を食べたら、中にエビが。
甲殻類アレルギーを持つ私はこれにより一日体調不良に陥る事に。



同行者お勧めの卵のデザート。
温泉卵の味しかしませんでした(笑)



朝食が終わり、本日の目的地である自動車博物館まで移動します。

エビを食べてしまい体調が思わしくないのでスタバに寄ってコーヒーを
頼むとこんなに大きな物が出てきました。



エビの毒素を中和するため一気飲みしましたが、店内では皆さん普通
に飲んでるからスケールが違います。

本日の目的地である、自動車博物館に到着です。
MUSEUM AUTOMOTIVE
定期的にテーマを変えて開催しているようで、いまやっているのは
キャンピングカーの歴史でした。









流石キャンピングカーの国アメリカ。
こんな時代から凄い作りです。





1932年モデルのハーレー。
この頃の日本のモーターサイクルは何があったのでしょうか?





1939年シボレー


そして目を引いたのがガソリンスタンドにある給油機。
50年代の映画に良く出てくる日本人にとって憧れた時代の象徴です。
今見てもお洒落です。





ここまでくると最近の物に近い形になってきます。


ここから一気にタイムスリップしていきます。




今から100年前の当時のFORDディーラーを再現したショールーム。
レトロな感じが漂い今見ても素敵な作りです。





政治的な部分で無くなってしまった、PACKARD
ご覧になった方も多いと思いますが、日本では漫画、テレビでもその歴
史が特集として組まれていました。


1939年 POMTIAC




1935年 FORD



当時のパーツ屋さんの店内の様子。
良い雰囲気が出ています。



1959年キャデラック。
まだ私が産まれていない時代にこんな車が走ってたんですね。








1927年のキャンピングカー
そのまま家が移動している感じです。







1934年








私と同い年の車を発見しました。
このまま乗って帰りたいと思うほど綺麗で格好良いです。





























以上で博物館はお終いです。
個人的にも昔のコルベットは大好きなのでとても楽しい時を過ごせると
同時に、今は経営危機に陥っているBig3の全盛時代の車はやはり
凄かったというのが正直な感想です。

まだ続きます。。。

Part5はここをクリックしてください。

クリック

野田
この記事のURL : http://www.miracolare.co.jp/175207.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

この記事にコメントする

/マセラティ/フェラーリ/ランボルギーニ/アルファロメオ/イタリア車/専門店/パーツ/横浜/ミラコラーレ ">
名前
メール
URL
コメント
コメント認証キー
イメージを更新
※複数のページを開いてる場合は、コメント登録前に認証キーを更新して登録してください。

この記事へのトラックバックURL

http://car.blogten.jp/tbrv.asp?175207




▲このページの先頭へ

recommend Parts サイトポリシー 個人情報保護方針 古物商の表示

Copyright(c) 2004-2010 Miracolare Co.LTD All rights reserved.